月別アーカイブ: 2017年2月

トマトは年齢に関係なく愛される野菜

私は大のトマト好きです。

スーパーでは一年中トマトが売られていて、もちろん一年中食べているのですが、しかし旬は夏ですよね。
夏には、小さな畑にトマトを植えて、ほぼ毎日食べています。

食欲のない時には、トマトとご飯。

そういう人が意外と多くいるというのを、耳にしました。

畑にトマトを植えて食べるようになった理由は、夏場の食欲不振だけでなく、トマトを食べると胃の調子がいいのと夏バテをしなくなったというので、たくさん食べるようになりました

夏が旬のトマト。

もちろん一年中食べるのがいいのですが、特に夏に食べるのがいい理由があったのです。

まず一つ目として、私自身がそうだったのですが、食欲が無い人や、胃腸の調子がよくなかった人など、トマトを食べると調子がよくなる理由として、トマトが胃の粘膜を丈夫にしてくれるという働きがあるからです。

その他としても、夏バテからくる食欲の不振がありますが、トマトにはたくさんの抗酸化作用があって、活性酸素を大幅に減少させてくれる働きがあるのです。

それが、夏の暑さなどで疲れた体を回復してくれるようです。

ビタミンA,B1,B2,C,Eというビタミンのほぼ全部の種類とカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分などさまざなま栄養素を含んでいます。

そういったビタミンやミネラルも、疲れを回復させて健康な体を保つのに欠かせない要素です。

その他にも、夏の一番の敵である、日焼けによるシミ、ソバカス、そしてシワ、この全てに効果があるというのを誰が知っていたでしょうか?

トマトの成分であるピコリンが、紫外線によるメラニン色素が出来るのを、抑制してくれると共に、顔に弾力を与えて若々しい肌を保つコラーゲンを維持してくれるという働きがあったのです。

トマトを毎日食べた人で、シワの改善もできたという話を聞いた事もあるのですが、特に夏はシミなどが出来やすい季節です。

夏のトマトの素晴らしさというのを改めて実感するものです。

それだけでなく、トマトは年齢に関係なく愛される野菜ですが、このリコピンには血を美しくする働きがあるので、脳卒中などの予防にもいいという話です。

季節ごとの旬の野菜をとりましょうという昔からの話の通り、年間を通して食べるのも大切ですが、旬の時にとても大切な役割を野菜たちはしているというのを感じています。