カテゴリー別アーカイブ: 食事

もやしは食べ過ぎを防ぐ!ダイエットにも役立つ食材

身近に手に入りやすい食材を活用すると、食事制限のダイエットを継続しやすくなります。

スーパーのみならず、24時間営業のコンビニでも手に入る食材は、特におすすめですよ。家計を支える食材としても知られているもやしは、ダイエットにも役立つ食材です。もやしに豊富に含まれている不溶性の食物繊維は、体内に入ると水分を吸って膨らむ性質を持っていて、満腹感を得やすくなり、食べ過ぎを防いでくれます。

そして、水溶性の食物繊維を含む他の野菜類と一緒にバランスよく摂取することで、腸内環境を整えて、便秘を解消する効果も期待でき、すっきりとした美しい体型へと近付くことができます。

また、もやしには、ビタミンB1、B2が含まれています。ビタミンB1には、糖質をエネルギーに変えるのを助ける働き、ビタミンB2には、脂質の代謝を促進する働きがあり、脂肪のつきにくい痩せやすい体質を目指す上では、欠かせないビタミンです。色んな調理法で味わうことができる便利な食材であるもやしを積極的に活用して、食事での体重減少を実現しましょう。

もやしの栄養素を損なわず、かつ、簡単に調理したい時におすすめの方法が、電子レンジで加熱する方法です。蒸し野菜を作るための専用のシリコンスチーマーなどを持っていない場合には、ポリ袋や耐熱性のガラスボールにもやしを入れて、レンジで加熱しましょう。もやしが加熱できたらザルにあげておきます。これをポン酢や麺つゆで和えれば、簡単に和え物が作れます。

さらに栄養価をアップさせたい時には、たんぱく質の補える蒸し鶏、ミネラルや食物繊維を摂取できるキノコ類などをプラスして下さい。また、すし酢で和えて酢の物を作るのもおすすめです。酢に含まれているアミノ酸には脂肪燃焼を高める働き、酢酸には腸内環境を整える働きがあるので、効率よく痩せることができます。様々な味付けでもやしを食べることによって、継続して食べても飽きずに美味しく味わえるようになりますよ。

トマトは年齢に関係なく愛される野菜

私は大のトマト好きです。

スーパーでは一年中トマトが売られていて、もちろん一年中食べているのですが、しかし旬は夏ですよね。
夏には、小さな畑にトマトを植えて、ほぼ毎日食べています。

食欲のない時には、トマトとご飯。

そういう人が意外と多くいるというのを、耳にしました。

畑にトマトを植えて食べるようになった理由は、夏場の食欲不振だけでなく、トマトを食べると胃の調子がいいのと夏バテをしなくなったというので、たくさん食べるようになりました

夏が旬のトマト。

もちろん一年中食べるのがいいのですが、特に夏に食べるのがいい理由があったのです。

まず一つ目として、私自身がそうだったのですが、食欲が無い人や、胃腸の調子がよくなかった人など、トマトを食べると調子がよくなる理由として、トマトが胃の粘膜を丈夫にしてくれるという働きがあるからです。

その他としても、夏バテからくる食欲の不振がありますが、トマトにはたくさんの抗酸化作用があって、活性酸素を大幅に減少させてくれる働きがあるのです。

それが、夏の暑さなどで疲れた体を回復してくれるようです。

ビタミンA,B1,B2,C,Eというビタミンのほぼ全部の種類とカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分などさまざなま栄養素を含んでいます。

そういったビタミンやミネラルも、疲れを回復させて健康な体を保つのに欠かせない要素です。

その他にも、夏の一番の敵である、日焼けによるシミ、ソバカス、そしてシワ、この全てに効果があるというのを誰が知っていたでしょうか?

トマトの成分であるピコリンが、紫外線によるメラニン色素が出来るのを、抑制してくれると共に、顔に弾力を与えて若々しい肌を保つコラーゲンを維持してくれるという働きがあったのです。

トマトを毎日食べた人で、シワの改善もできたという話を聞いた事もあるのですが、特に夏はシミなどが出来やすい季節です。

夏のトマトの素晴らしさというのを改めて実感するものです。

それだけでなく、トマトは年齢に関係なく愛される野菜ですが、このリコピンには血を美しくする働きがあるので、脳卒中などの予防にもいいという話です。

季節ごとの旬の野菜をとりましょうという昔からの話の通り、年間を通して食べるのも大切ですが、旬の時にとても大切な役割を野菜たちはしているというのを感じています。

ヨーグルトを食べることで脂肪のつきにくい体になれます

健康や美容に良いと多くの方がヨーグルトを朝食に食べています。今やスーパーのヨーグルトコーナーにはところ狭しと色々な種類のものが並んでいますから、目的に応じてチョイスしやすくなっています。

さらにヨーグルトはダイエットにも効果を発揮してくれます。それはヨーグルトに含まれる乳酸菌などの作用によるものです。腸内の善玉菌を増やす手伝いをしてくれますから、腸内に不要なものを残さずしっかりと消化分解してくれて、脂肪のつきにくい体になれます。

また、善玉菌は糖をえさとしていますから、余分な糖質が体内に残りにくくなります。

そして、ヨーグルトに含まれる豊富なカルシウムは脂肪の吸収を抑える働きを持っていますから、脂肪をためこみにくくなります。

これだけ素晴らしいダイエット効果のあるヨーグルトです。ほとんどの方が朝食べていますが、実は夜の方がダイエット効果が高いのです。

その理由とは、腸にも肌のようにゴールデンタイムというものがあります。夜の10時から朝の2時がそれに当たり、腸の活動が一日の中で一番活発になる時間体です。

この時間帯に乳酸菌などがたっぷり含まれているヨーグルトを取ることで、腸内の善玉菌を効率よく増やすことができます。また、カルシウムなどの他の栄養素も吸収されやすくなりますから、より健康や美容に役立つという仕組みです。

しかし、ヨーグルトにはカロリーがありますから、寝る直前に食べてしまうと当然カロリーオーバーになってしまいます。食べるタイミングとしては夕食後から寝る3時間前までがベストです。

ダイエット目的ですからプレーンヨーグルトを選んで、フルーツやお砂糖などは入れないのがセオリーです。どうしても味が苦手だという方は、ほんの少しだけオリゴ糖やハチミツを入れてみましょう。

さらに、ヨーグルトに含まれている乳酸菌などの活動が高まるのは38度です。そのため、数十秒ほどレンジで温めてホットヨーグルトで食べるとなおよしです。

寒い冬に夜ヨーグルトは辛いですが、人肌に温めたホットヨーグルトならおいしく食べられます。内蔵が冷えるのを防いでくれて、カルシウムの働きでリラックスして寝つきも良くなります。

注意点としては、夕食をお腹いっぱい食べた後にヨーグルトをたくさん食べてしまうと、やはりカロリー過多になってしまいます。夕食は気持ち少なめにしてみて、その分をヨーグルトで補ってあげるくらいがちょうど良いでしょう。

朝ヨーグルトよりも効率的にダイエットできる夜ヨーグルト生活を、皆さんも試してみませんか?

体重が減るメカニズムをしっかりと理解する

ダイエットに関する情報は、インターネット上に散乱しています。

その中には、眉唾ものの情報も多くあり、一歩間違えると健康を大きく損ねかねない危険性があります。そこで、ダイエットに取り組もうとする場合は、体重が減るメカニズムをしっかりと理解することが極めて重要です。

ダイエットと一言で表現しても、その中身は様々です。原則として、体重を減らすことがダイエットと言われますが、それほど単純なものではありません。というのも、数字上の体重は減ったとしても、脂肪があまり減らず、筋肉を大きく減らしてしまうようなダイエットの場合は、リバウンドしやすい身体になってしまうからです。

重要なことは、筋肉を維持ないし増加させながら、体脂肪を減らすことです。体脂肪というのは、人体にとって必要最小限あればいいものですが、ダイエットを必要とするような方の身体には、皮下脂肪、内臓脂肪など、必要以上の体脂肪がこびりついています。ダイエットに取り組むことによって、この体脂肪を減らしていくのだという意識を持つことが大切です。

このように、ダイエットの方針を決めることによって、具体的にどのような行動を取るのかを決定することができます。ダイエットに取り組む場合に取るべき行動は、大きく分けて、食事面と運動面に分けることができます。

食事面についてみれば、食べる量を少しずつ減らしていくことはもちろん、なるべく糖質(白米やパン、うどんなど)の摂取を控えることが重要です。最近は糖質制限ダイエットという形で理解が進んできていますが、糖質を過剰に摂取することが体脂肪を増加させることは、多くの医学的根拠によって証明されています。

栄養バランスをしっかりと整えた食事、特にタンパク質をしっかりと取れるような食事をして筋肉をキープしつつ、糖質を減らして脂肪として蓄えないようにすることが、食事面での大切なポイントです。

次に運動面についてみれば、筋トレなどの無酸素運動と、ジョギングなどの有酸素運動を上手に組み合わせることが重要です。筋トレについても、最近はその減量効果が明らかになってきますが、筋トレをすることによって、基礎代謝を挙げることができますので、体脂肪を燃やすという観点から言えば、極めて効果的なトレーニングです。

また、有酸素運動も、継続することによって確実に体脂肪を燃やすことができますので、筋トレなどと組み合わせることによって、より効率的に脂肪を燃やすことができます。

このように、ダイエットに取り組むにあたって最も重要なことは、巷に溢れる誤った情報に振り回されることなく、上述したような王道の方法論をしっかり理解し、根気よく取り組むことです。10キロ、20キロレベルのダイエットを実現しようとすれば、1年単位での継続した努力が求められるでしょう。

誰もが羨む美肌を手に入れるためにはブロッコリー

肌荒れは男女問わず悩ましい問題です。

ニキビや吹き出物ができてしまった場合は、外出するのも億劫になってしまうでしょう。せっかくの休日を肌荒れのせいで台無しにしないためにも、普段の食事に気を使うことで、美肌を手に入れる努力をする必要があります。この点、誰もが羨む美肌を手に入れるためには、緑黄色野菜の王様、ブロッコリーを効率的に摂取することが極めて効果的です。

ブロッコリーには、レモンの2倍以上のビタミンCが含まれていることから、美肌効果は抜群です。また、鉄分や食物繊維も豊富に含まれていますので、胃腸をきれいにする効果もあります。胃腸が汚れていると、すぐに肌に影響を生じますので、鉄分や食物繊維が豊富なブロッコリーを食べて胃腸をきれいにすることは、美肌を手に入れるためにはとても大切です。

ブロッコリーを食べる場合は、なるべくビタミンCを失わないで食べたいところです。

この点、一般的なブロッコリーの料理法は、お鍋にお湯を入れて沸騰させて、その中にブロッコリーを投入して茹でる方法です。しかし、この方法を採用してしまうと、ビタミンCがお湯の中に溶け出してしまうので、美肌効果も半減してしまいます。おすすめの調理法は、ブロッコリーを軽く水洗いした後は、ラップに包んで、電子レンジにかけることです(30秒から1分程度で十分です)。このように調理することで、あっという間に火を通すことができますし、また、ビタミンCが水に溶け出すことを防ぐことができます。

ブロッコリーの食べ方はたくさんありますが、シンプルにマヨネーズをつけて食べるのもいいですし、サラダに入れてドレッシングをかけて食べるのもよいでしょう。なお、ブロッコリーの美肌成分であるビタミンCは熱に弱い性質を有していますから、茹でた後は、なるべく常温でいただくほうが良いでしょう。シチューなどのスープ系の料理にブロッコリーを使う場合もありますが、このような調理法だと美肌効果は少し減退してしまいます。

緑黄色野菜の王様であるブロッコリーを効果的に摂取し、誰もが羨む美肌を手に入れましょう。